投資感覚がしっかり味わえる初心者向けの法人FX

法人FXでは初心者が口座開設するのにややハードルを感じるかもしれませんが、実際はそうではなく初めてのFXだからこそ法人FXでという動きが広まっています。というのも国内ではFXのおいしいところというべきレバレッジが限界値が下げられたことで、これまでのように高倍率のトレードで利益がでることが少なくなっているのです。

しかし、同じ国内でもレバレッジ規制が入るのはあくまでも個人口座です。
国内の法人FXはi国内のレバレッジ規制に引っかからないため変わらずに高倍率のFXができるのです。
なぜ初心者だからこそ高倍率のレバレッジでの取引がいいかというと、初心者ほど投資金額が少ないということもあり、せっかく楽しみで投資しても投資金額が少ない故にあまりその利点は感じにくいという影響がありました。

けれども法人FXならば少ない投資金額がリターンも大きいため投資している感覚が十二分に味わうことができるのです。それが初心者がFXについて理解を得られることができることになり、早く投資やFXそのものを理解することにつながるのです。

上記でも伝えた通り、FXの法人口座は、国内個人口座のような25倍レバレッジの規制がありません。
100倍、中には400倍までのレバレッジで取引を行うことができる業者も存在します。超短期間取引のスキャルピング取引が出来る業者であれば大きな利益を上げることが可能です。

スキャルピングは短いとほんの数秒、長くても数十分程度での取引を繰り返すので、その取引の都度発生するコストが低いほど売買益が大きくなります。この取引の際のコストは売買手数料とスプレッドに分かれますが、売買手数料は無料のFX業者も増えてきました。ですがスプレッドは業者によって異なり、また固定性と変動性の業者があります。

変動性の場合、常に数値が動いており、時間帯でも大きく変化します。比較的安全に行いたい場合には固定性の方が安定していると言えます。特に値動きが大きい取引の場合は固定性がおすすめです。

もちろん国内の法人FX全てがハイレバレッジなわけではありません。個人口座同様に25倍の業者やスキャルピング非対応の業者もあるのでしっかり確認しましょう。

話は変わって、数日前の新聞にユーロ安のニュースがありました。その要因は、イギリスがEUから離脱するかもしれないというものでした。なぜEUから離脱する票が上回ったのかわかりませんが、それが国民の世論でした。

長期のチャートを見ると、2014年12月ごろからユーロ安のトレンドがあります。1ユーロ149円が現在119円にまでいたっており、今後もこのトレンドが続けば、2012年7月頃の94円の水準まで下がっていくことが考えられなくはありません。もしかすると、数年後に94円という値をつけているかもしれませんし、またそうなりそうです。

それなりに下がっている段階だから、さらにユーロ安に投資できるかどうかです。初心者でしたら、そろそろユーロ高になるかも、もう下がらないだろうと考えるかもしれませんが、ある程度の経験者としてはさらにユーロ安継続というのが考えられます。

予測としては少なくとも105円ぐらいまでは下がりそうです。そこまで下がると、94円を目指していくのではないかなと思います。